お風呂や脱衣所、トイレでのヒートショック予防対策にはヒーターを!

ヒートショック

 

お宅の脱衣所、お風呂、トイレは暖かいですか?

寒暖差の激しい場所を出入りすることで、血圧が急激に上下して体に強い衝撃(ヒートショック)が加わります。

ヒートショックは重大な健康被害を起こすことがありますので、寒い部屋は暖かくしておく工夫が大切です。

ではどうやって寒いお部屋を暖かくすれば良いのでしょうか?
簡単にできるおすすめの方法は、電気式のヒーターを使う方法です。

 

ヒートショックとは?

ヒートショックとは「急激な温度変化による血圧の急変動などが身体に及ぼす衝撃」のこと。

この急激な血圧変動により、高齢者や血圧の高い人にとって、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなります。

特に気をつけたいのは冬のお風呂です。

暖かいリビング→寒い脱衣所=血管収縮して血圧上昇

寒い脱衣所→熱い湯船=血管が拡張し血圧下降

温まった体で寒い脱衣所へ=血管収縮して血圧上昇

というように、血圧が激しく上下してしまう条件が揃っているんですね。

 

お風呂でのヒートショック予防対策

ヒートショックを予防するには、部屋ごとの温度差をできるだけ小さくすることがポイントです。

お風呂でのヒートショックを和らげるには、お風呂に入る前に、室温の低い浴室や脱衣所をあらかじめ暖めるようにしましょう

 

浴室の室温を上げる方法

浴室に暖房がついていればいいのですが、ついてないご家庭も多いと思います。

暖房がない場合は・・・

  • 温度高めのシャワーを高い位置からバスタブに向けてしばらく出しておくと、浴室内が蒸気に包まれて暖まります
  • お湯を張ったお風呂の蓋を、入浴前にしばらく開けておくことでも、少し時間はかかりますが、浴室を暖めることができます。

 

脱衣所やトイレの室温を上げる方法

お湯が出せない脱衣所やトイレの室温を上げるのに便利なのが小型のセラミックヒーターです。

電源さえあれば置くだけの簡単設置ですし、場所をとりません。
スイッチを入れた瞬間から温風が出るので、すぐに暖かかくなります。
また、電気ストーブ(赤い電熱線のタイプ)より、やけどや火事の心配が少ないのも良いですね。


こちらが楽天市場でも非常に売れている、脱衣所やトイレにも最適な小型セラミックヒーターです。価格:4,990円(税込、送料無料)

なんといっても厚さ11cmのコンパクト設計なので、脱衣所はもちろん、狭いトイレでも置き場所に困ることがありません。

床に置くタイプなので、工事不要。届いたその日から使えるのも魅力。

電気式なのですぐに温風が出ますし、有毒排気がないので換気も不要

うっかり電源コードに足を引っかけて倒してしまっても、自動で電源OFFになる機能もついています。

連続運転をしても4時間で自動的に停止する機能がついていますので、消し忘れて電気代が~!ということもないのでありがたい。

 

    購入した方の口コミは・・・

  • 脱衣所用としてホワイトを購入しました。
    小さいのでしっかり暖まるのか心配でしたが、電源ボタンを押すとすぐに温風が出てきて5分ほど連続運転したら脱衣所内はとてもポカポカしました。
    今まで電気ヒーターを使用していましたが、暖まるのに時間がかかり不満だったので、こちらのセラミックヒーターに買いかえて良かったです。
    一つ不満があるとすれば、想像していたよりも音が大きかった点ですが、ずっと付けているわけじゃないので短時間使用であれば我慢できる範囲内です。
  •  

  • 当初トイレやお風呂場用にと購入しましたが、6畳のお部屋でも600Wでもかなり温まります
    雪国ですので、さすがに真冬だと、6畳のお部屋では厳しいかもしれませんが、関東あたりですと小さい部屋ならこれ一台でかなり活躍すると思います。
    あと、物凄く軽くて持ち運びも簡単!女性が片手でも持てる程。
  •  

  • エアコンを使うまでもない足元の寒さに、10分ほど稼働させるとポカポカしてきます。
    とてもコンパクトなので室内どこでも使えるのがよい。
    ホワイトを選択したが嫌な安っぽさみたいな感じもなくいいです。
    音は静かではないですが、普通のファンヒーターと同じくらいで、うるさいというほどでもなく、就寝時に使えば気になるかなあというような音です。
    省エネ度はどう考えても悪く電気代はかさむかと思いますので補助的な感じで使っています。

※ちなみにこちらの機種で電気代を試算すると、1200Wの強運転で1時間32円ほどで、暖房器具の中では電気代が高い部類に入ります。

暖房器具は連続運転で使うものですから、電気代は確かに少しかさむかもですね。
でも、本体価格がお得ですし、冬の間だけだと考えれば、許容範囲じゃないでしょうか。

 

 

ヒートショック対策 まとめ

ヒートショックで倒れてしまうのは、高齢の方が多いですが、若い方でも、あの寒い脱衣所で服を脱ぐのは意外とストレスたまりますよね。

そして、温まった体で浴室を出た時に感じる、急激な寒さも結構嫌なものです。

お風呂もトイレもリラックスして使いたいもの。
ヒーターを活用して快適に過ごせるようにしたいですね。

 

 

コメントを残す