洗える電気毛布ナカギシNA-023Sを買ってみて使い心地は?写真あり

 

こうも毎日寒い日が続きますと、いつもの布団だけではちょっと物足りない。

そんな時は電気毛布を一枚挟むだけであったか快眠に!

おすすめの電気毛布は、家族分買っても気にならないお値段で、しかも洗えて電気代も安いナカギシNA-023Sです。

実際に使ってみたので使い心地や耐久性などを写真付きでお伝えします。

 

寒すぎる日はエアコンよりも電気毛布

いつもより特に寒い日。
夜寝る時には、エアコンを使うか、布団の枚数を増やすしかないんですよね。

我が家では電気代がもったいないので布団の枚数を増やしたり、暖か敷パッドを敷いたりしてやり過ごしてきたのですが、もう限界です。

そこで思いついたのが【電気毛布】

電気毛布なら、エアコンのように喉が乾燥することもないし、毛布なので、布団が重くなることもありません。

電気代も8時間つけっぱなしでも10円以下なので家計にも安心。

 

 

ベストセラーのナカギシ【NA-023S】を試す!

どの電気毛布が良いのか調べたところ、電気毛布で有名なのはパナソニックらしいですが、6000円以上してちょっとお高いので、アマゾンや楽天市場などでも爆発的に売れているナカギシの電気敷き毛布【NA-023S】がかなり気になります。

2000円ちょいなので、逆に大丈夫?という不安もあったので、購入者さんの口コミは要チェック。

>>アマゾンの購入者レビュー

レビューが1000件以上あり、評価ポイントも5点満点中4以上あります。

・弱設定でもすぐにしっかり温まる。
・日本製で安心。
・すぐ壊れたという意見はほとんどない。

などなど、値段の割にしっかりしていそうなので、ナカギシの電気敷き毛布【NA-023S】に決定。

 

 

私の購入レビュー

ナカギシの電気敷き毛布【NA-023S】。
実はもう買って5シーズン目に突入するんです(笑)。

あまりに安くて壊れなくて便利だから、追加で2枚買って、結局今は3枚持っています♪

ですので、耐久性を含めて評価していきますよ~。

 

コントローラー周辺は?


スライドつまみがあり、これを上下することで切~強まで好きなところで温度調節ができます。

別に弱・中・強でつまみがストップするわけではなく、無段階調整となっています。

スライドつまみを最強にすると「ダニ退治」もできるとのこと。

電源が入っている時は写真のように内部でオレンジ色のランプが光るので、パッと見で電源が入っているかどうかが分かるようになっています。

一応、室温センサーがついていて(写真右下のギザギザ)、室温の変化に応じて毛布温度を自動調節する機能がついています。

エアコンの効いている部屋でひざ掛けとして使っていると、時々スッとぬるくなる時があります。
これが多分、温度調整機能が働いた時なんでしょうね。
個人的にはぬるくしてもらわなくていいんですけど。

 

毛布の肌触りは?


毛布部分はポリエステル70%、アクリル30%でできていて、手触りは、起毛感のあるフリースって感じです。

薄いですけど肌触りはソフトで暖かさを感じます。
裏も表も触った感覚は一緒です。
(写真左半分が表、右半分が裏側です。)

 

毛玉ができやすい


買った当初はキレイなんですが、使っていくうちにやはり毛玉ができてきます。

やっぱり生地と他のものがこすれる頻度が高いと毛玉ができやすいです。

この写真のものは、ひざ掛けにも使っているものなので、特に毛玉が激しいです。
(他の2枚はこれほど毛玉はできません)

普通に敷き毛布として使う時も、身体と直接触れるように敷くのではなく、間に1枚シーツを挟んだほうが、毛玉はできにくく、また、低温やけどの防止にもなります。

 

毛布とコードの接続部は?


毛布とコントローラーからのコードの接続部はこんな感じ。

普通に敷くと、仰向けに寝た時に左肩の横あたりに来ます。
ただこの電気毛布は、裏表がない設計になっていますので、壁のコンセントが右側にしかない場合は、電気毛布をひっくり返して使えば問題ありません。

 

接続部を外すと?


接続部を外すとこんな感じです。

これでも丸洗いOKというから不思議なんですが、実際に我が家でも何度か洗っていますが、今のところ壊れていません。
中に水が入らないようになっているんでしょう。

 

本当に暖かいの?

スイッチを入れれば1分くらいですぐにモワッと暖かくなります

電熱線が毛布の左右は端から6cmくらいのところまで入っているので、毛布自体は小さいですが、暖かくなる範囲は割と広いです。

布団に挟み込んで、寝る10分前くらいに電気毛布のスイッチを入れておけば、電気毛布の熱で布団の中が暖かくなり、布団に入る瞬間からぬくぬくと快適に眠ることができますよ。

 

私の場合は、敷きと掛け両方で試したのですが、結果的に掛け毛布として使っています。

こちらの【NA-023S】は、敷き毛布として発売されているものなので、若干サイズが小さい(140 × 80cm)のですが、掛け毛布としても十分に役立っています。

寒い日は【中】にして起きるまでつけっぱなしで使いますが、暑すぎずちょうど良い感じで布団の内側全体を保温してくれています。

 

掛け毛布として使いたいなら

もし、掛け毛布としてしっかりと暖めたいとか、身長が高いので、足元までしっかり暖めたいという場合は、もう少し大きいサイズの【NA-023K】が発売されています。

私が買ったのは掛け毛布【NA-023S】で、140 × 80cm。
掛け敷き兼用毛布は【NA-023K】で、188 × 130cm。

【NA-023K】はサイズが大きくなるので、価格も電気代も少し高くなります。

>>掛け敷き兼用毛布【NA-023K】の詳細はこちら

ひざ掛けとしても使いたいという場合、何枚も買うから安いのでいいわという場合は、小さい【NA-023S】がおすすめ。

 

耐久性は?

一番最初に買ったものはもう今年で5シーズン目。

年に1,2回洗いますが、故障はしていません。
中の電熱線はループ縫いされていて、中でずれないようになっているので、いまだに定位置に入っています。

機能上の問題点はないので、耐久性はバツグンだと思います。

唯一気になるのは、毛玉ですね。

 

タイマー機能はない

ナカギシの電気敷き毛布【NA-023S】には、タイマー機能がありません。

ですので、つけたらつけっぱなしになります。

もしタイマー機能が欲しいなと思ったら、別売りで自動ON/OFFタイマーを併用すれば、例えば毎朝7時にOFFするなんてこともできます。


>>24時間プログラムタイマーII PT25

 

 

ナカギシ 電気毛布 概要

NA-023S NA-013K
サイズ 140 × 80cm 188 × 130cm
毛布生地 ポリエステル70%、
アクリル30%
ポリエステル70%、
アクリル30%
コード長 電源側約1.9m
本体側約0.6m
電源側約1.9m
本体側約1.2m
重量 約0.7kg
(コントローラー込み)
約1.3kg
(コントローラー込み)
消費電力量
(1時間当たり)
強:約31Wh
中:約18Wh
弱:約 3Wh
強:約50Wh
中:約27Wh
弱:約 5Wh
電気代
(1時間当たり)
強:約0.8円
中:約0.5円
弱:約0.1円
強:約1.4円
中:約0.7円
弱:約0.1円

 

 

ナカギシ 電気毛布 まとめ

・2000円ちょっとで買えること
・電気代が気にならないくらい安いこと
・壊れないこと
・すぐ暖まるし、使うと実際暖かいこと

これらの点を考えると、買ってよかった!超便利アイテムですね。

私はアマゾンが安かったので、アマゾンで買いました。

>>アマゾンでナカギシ【NA-023S】の詳細を見る

 

コメントを残す