マツコの知らない世界でも紹介されたコーヒーメーカーでコーヒーを!

 

カフェでコーヒーを飲むのもいいですが、おうちコーヒーだと部屋じゅうに芳醇な香りが広がり、まったりとくつろぐの時間が過ごせるんですよね。

それにはまず、しっかりと好みの味が引き出せるコーヒーメーカーが必要。

マツコの知らない世界でも紹介された、おうちコーヒーが楽しめるおすすめのコーヒーメーカーをご紹介します。

 

豆の挽きからドリップ、洗浄まで全自動のパナソニックNC-A56-K


イチオシは、パナソニックの【NC-A56-K】

豆の挽きからドリップ、保温、ミルの洗浄までとにかく「全自動」なので、おうちで手軽に本格的な挽きたてコーヒーが味わえます。
(豆からだけでなく、コーヒー粉からもドリップ抽出できます。)

  • 淹れ分け機能
    マイコン制御による【マイルドテイスト/リッチテイスト】の淹れ分けが可能。
  • 豆の挽き分けフィルター2枚
    お好みに応じて【粗挽き/中細挽き】それぞれのフィルターが付属しています。

渋み少なくマイルドにしたいときは、粗挽き×マイルド にセットしてアメリカンコーヒー的なテイストを。
コク、苦みをしっかりとしたいときは、中細挽き×リッチ にセットして、アイスコーヒーやカフェオレを楽しむ。

こんなバラエティーに富んだ使い方ができるのも 【NC-A56-K】の特徴。

 

※詳しい機能、使い方はこちらの動画をどうぞ。

容量:0.67L(目安:約5杯分)
本体サイズ(約):幅22.0×奥行24.5×高さ34.5cm
重量:約2.9kg

 

非常に人気があり、在庫がない場合がありますので、そんな時は楽天市場も探してみてください。

>>楽天市場で在庫のあるショップを探す

 

 

HARIO V60 オートプアオーバー smart7


コーヒーの味もさることながら、淹れる時にタッチパネルで操作したりする演出も楽しいコーヒーメーカー【V60オートプアオーバー smart7】

抽出はオートモードとマイレシピモードの2つがあって、手軽なオートモードでは簡単に「温度・スピード」を設定してサッと美味しいコーヒーがいただけます。

マイレシピモードでは抽出時の温度(80~96℃)、湯量(270~700m)、湯を落とすスピード(時間)は1秒単位、抽出湯量は10ml単位で設定でき、まるでハンドドリップで淹れたようなコーヒーを再現。
自分好みのコーヒーを追求する楽しみに答えてくれます。

意外と省スペースなのも〇。

容量:0.7L(目安:2~5杯)
本体サイズ(約):幅24.5×奥行12×高さ29cm
重量:約2.0kg

 

 

 

未来家電!ネスレのドルチェグスト エクリプス

見た目も淹れ方もおしゃれな近未来型のネスレのドルチェグスト エクリプス【MD9776-RM】

カプセル式のコーヒー粉で1杯ずつ淹れるから、コーヒーの品質が損なわれず(酸化しない)、いつも淹れたての味と香りを楽しむことが出来ます。

また、最大15気圧の圧力もかけることができるので、カプチーノなどのきめ細かい泡を作ることも可能。

この商品の魅力を理解するには、この動画を見てもらったほうが早いです。

カプセルのバラエティーも豊富で、
オリジナルブレンド、モカブレンド、アイスコーヒー、エスプレッソ、カフェオレなどの定番系はもちろんのこと、
アイスカプチーノ、ラテマキアート、宇治抹茶、抹茶ラテ、チョコチーノなどのお好み系もあり、20種類以上の中から好きなものを選べます。

※1カプセル=1杯なので、1日何杯も飲む方やご家族で飲む方はちょっとコストがかかるかもしれませんね。
いろいろなフレーバーを手軽に楽しみたい方にはうってつけだと思いますよ。

給水タンク容量:1000ml
本体サイズ:幅25.5×奥行33.2×高さ34.6cm
重量(約):3.5kg

 

 

ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム MD9771-WR


あんなに未来的じゃなくてもいいわ!という方は、こちらがおすすめ。
ドルチェグストシリーズ一番の売れ筋で、値段もお手頃。

 

 

コーヒーメーカー まとめ

ご自宅でコーヒーを入れると、外で飲むより安上がりですし、自分好みの味を探せるので、一度おうちコーヒーを試してみてはいかがですか?

最初のうちは、上記のような本格的なコーヒーメーカーでなくても、このようなシンプルだけど安いものから始めてもいいと思いますよ~。

ステンレスサーバーなので、落としても割れないのがいいんです。(保温性はありません)

 

コメントを残す