アイリスオーヤマのダイヤモンドコートパンは安く軽く焦げ付きにくい

 

テフロン加工のフライパンて、いつのまにか焦げ付くようになってきますよね。

丁寧に使えばいいことくらい分かってますけど、毎日となるとそうもいかない!

そこで、安い割に、焦げ付きにくい期間が長いと評判なのがアイリスオーヤマの「ダイヤモンドコートパン」。
口コミでは、取っ手が少し使いにくいという情報もありますので、その点をチェックしてから買いましょう。

 

アイリスオーヤマ【ダイヤモンドコートパン】の特徴

焦げ付きにくいフライパンを探すと、いいものはやっぱり高いし、重くなってきますよね。

アイリスオーヤマのダイヤモンドコートパンの人気は、価格の割に耐久性があり、しかも軽いから。

5年も6年も持たせようとは思いませんが、値段と耐久性のバランスがいいんですね。

 

ダイヤモンドコートパンの長所

 

  • ダイヤモンド粒子配合で耐久性アップ
  • フライパン表面のフッ素コーティングをするときに、フッ素の中に、最も硬い物質であるダイヤモンド粒子を混ぜてコーティング。
    だから焦げつきにくさの耐久性が格段にアップしました。

 

  • 軽い
  • ガス火用の26cmフライパンで約565g、取っ手部分が約200gなので、合計約765g。

    比較的軽い部類に入るティファールと比較しても、
    ティファールインジニオ・ネオ(ガス火用の26cmフライパン)で約660g、取っ手部分が約190gなので、合計約850g。

    毎日使うものだから、料理を作る時にフライパンが軽いって意外と大切ですよね。

 

ダイヤモンドコートパンの欠点

いっぽうで、口コミでも多く語られている欠点もあるんです。

 

  • 取っ手が洗えない
  • 取っ手部分は水洗いしてはいけないとのこと。

    内部に残った水分で、ロックの動きが悪くなったりする可能性があるんでしょうね。

    取っ手なんて絶対に汚れる場所なので、自己責任で洗うか、アルコールを染み込ませたキッチンペーパーで拭くくらいしかないでしょうかね。

 

  • 取っ手のロック解除が面倒
  • 着脱可能な取っ手なので、実際に着脱することも多くなると思いますが、外す時はレバーを回す→解除ボタンを押す の2アクションで、両手を使わないといけなくて、ティファールを使ったことある人からすると、ちょっと面倒に感じます。
    でもまあ、慣れればどうってことないような気もします。

 

  • 取っ手を取り付けた時の角度が・・・
  • 取っ手をフライパンに取り付けた時、少し上を向きます。(立ってる感じといいますか・・・)
    たいていのフライパンの取っ手は、フライパンと平行に近いと思いますが、こちらはやや上方向に斜めにくっつきます。
    背の低い方はちょっと扱いにくくなるかもしれません。

※取っ手に関する欠点ばかりですね(汗)。

 

 

アイリスオーヤマ【ダイヤモンドコートパン】のラインナップ

取っ手は今一つですが、大事なのはフライパン本体!
本体のほうはしっかりしていますから、安心してくださいね。

オーブンOK。電子レンジNG。食器洗い乾燥機での洗浄、乾燥NGです。

アイリスオーヤマダイヤモンドコートパンは、IH対応用かガス火用かで大きく分かれていて、それぞれに3点、6点、9点、12点セットがあります。

で、いろいろな買い方ができます。

単品でも販売されていますがかなり割高なので、セットで買ったほうが断然お得。
(26cmフライパンと取っ手を単品で揃えると、3点セットが買えるくらいのお値段。)

通販で買うなら、楽天市場だと割と安く買えますよ。

 

【IH対応】ダイヤモンドコートパン

※価格は調査日時点のものです。

 

【ガス火用】ダイヤモンドコートパン

※価格は調査日時点のものです。

 

 

アイリスオーヤマ【ダイヤモンドコートパン】 まとめ

ティファールのように、値段が高ければ長持ちするのは当たり前。

ダイヤモンドコートパンの良いところは、低価格なのにそこそこ焦げ付きにくさが長持ちするところ。

ただし、空焚きしない、急に冷やさない、金属ヘラを使わない、など、使用上の注意を守ることが前提ですよ。

今度からは、少し気をつけてテフロン加工フライパンを使うようにしよっかな♪

 

楽天市場では、他にもいろいろなテフロン加工フライパンを取り扱っていますよ~。

 

コメントを残す