美味しい干し芋なら紅はるかがおすすめ!余ったときの保存方法も!

干し芋

 

冬になると食べたくなる干し芋!
せっかく食べるなら甘くておいしい「紅はるか」の干し芋を食べましょうよ。

紅はるかの干し芋なら地元のスーパーを探すより、通販で買うのが手っ取り早いので、おすすめのショップをご紹介します。

また、干し芋が余ったときの上手な保存方法についてもお伝えします。

 

なんで干し芋は紅はるかが良いの?

平成22年に誕生した紅はるかは、あの甘くてかぼちゃのようにネットリした安納芋よりも「はるか」に良いサツマイモとして品種改良されたもの。

要するに安納芋より甘いということ!

焼き芋にも干し芋にも最適な品種として、だんだんと干し芋用としても加工されるようになってきました。

干し芋は、干す時間が長いほど甘みが増すのですが、干し過ぎると当然乾燥しすぎて固くなってしまいますよね。

紅はるかは、甘みの強い品種である上に、従来品種よりも長く干しても乾燥しすぎないので、天日干しによりさらに甘みが増すというわけ。

せっかくならこの紅はるかを使った干し芋、一度食べてみたいですよね~。

 

楽天人気ランキング1位はやっぱり紅はるか

干し芋

今、楽天市場の「干し芋」人気ランキング1位なのは、

「茨城県産紅はるかの干し芋 1箱1.5kg入り『手作り干し芋やわらか仕上げ』訳あり品」
3,980円(税込み、送料無料)

です。

>>紅はるか干し芋1.5kg訳あり品 を楽天市場で確認する

 

この商品の「訳あり」とは、スライスする際に出る半端な部位も入っている無選別品ということです。

ですので、大小さまざま入っていますし、大半は柔らかいのですが、一部硬い部分も混入しています。

でも、その分価格も安くなっていますし、1.5kgも入っているのですから、家庭で食べる分には十分すぎるボリュームなので、多少硬いのが入っていても我慢しちゃいます。

しかも送料無料ですから。

あとこれ無添加で作っているので、ほんと自然の味をそのまま楽しめますし、国産なので、お子さんにも安心して食べてもらえますよね。

 

少量サイズで人気なのはこちら

1.5kgも届いたら太ってしまうわ~という方には、150gパックが3袋=450gのセットが人気です。

こちらの商品は訳ありじゃないので、少し割高ではありますが、楽天の人気ランキングでも常に上位にある人気ぶり。

干し芋って、封を開けるとすぐにダメになってしまうのですが、こちらは1袋の分量が150gの食べきりサイズですし、封を切らなければ1か月持つので、保存が楽ですよね。

 

「丸干し」タイプなら糖度アップ

最後にぜひおすすめしておきたいのが、紅はるかの「丸干し」干し芋

今まで見てきた「平干し」という、スライスされた干し芋は7~10日ほどで天日干しが完了するのですが、この「丸干し」は厚みがあるだけに、1か月ほどかかるのです。

手間もかかる分、甘みもグッと凝縮され、平干しにはない極上の甘みが堪能できるんですよ。

子供用ではなく、自分へのご褒美に丸干しを選択したい~!

 

 

干し芋の保存方法

干し芋を大量に買ってしまうと、食べきれずに残りますよね。

最近のものは保存料無添加のものも多く、常温だとすぐにカビが生えてしまうんです。

ですので、またすぐに食べる場合は、ジップロック等の保存袋に入れて冷蔵庫で保存するのが良いですよ。

 

すぐに食べない分は「冷凍保存」で長期保存

1回で食べる分くらいに小分けにしてラップでくるんで、さらにジップロックに入れて冷凍庫にしまえば半年くらいは持ちます。

ちょっと面倒ですが、このラップでくるんだ後にさらにビタッと「アルミホイル」でくるんでからジップロックに入れると、冷凍焼けも防止できて美味しく保存できますので、ぜひお試しください。

 

食べたい時は固くなっていますので、トースターや電子レンジなどで加熱するとまたあの柔らかくて甘い干し芋が復活します。

干し芋はそのままいただくのが一番おいしいと思いますが、ちょっと飽きたり固くなったりしたら、フライパンにバターをたっぷり溶かして焦げ目がつくくらい焼くのも美味しいですよ。

 

 

紅はるかの干し芋 まとめ

自然の甘みで、お子さんにも大人気の干し芋。
うちの子供もバリバリ食べています。

チョコレートなどのお菓子を食べるよりずっといいですよね。

 

やっぱり通販だと品種や量などいろいろな種類の干し芋が選べて便利ですね。

楽天市場には、今回ご紹介しきれなかったおすすめの干し芋がまだまだたくさんあるので、こちらの人気干し芋も参考になさってください。

 

コメントを残す