脱げないフットカバーの人気おすすめは「ココピタ」

 

素足でパンプスを履く時に使うフットカバー。

特にパンプス用の浅履きタイプは、歩いているとすぐ脱げる!
しかも洗えば洗うほどゴムが伸びて余計に脱げる。

フットカバー脱げる問題を解決したいなら、96%の人が効果を実感した「脱げないココピタ」がおすすめ!

 

岡本のフットカバー【ココピタ】は脱げない!


フットカバーは靴の中での足のベタツキを防ぐので便利なんですが、最大の悩みが「履いているうちに脱げてくる」こと。

靴下メーカーの岡本では、薄くて浅く履けるのに脱げないフットカバーを独自技術でついに開発。

それが「脱げないココピタ」

どれくらい脱げないのかはこの動画を見たら分かります!

 

脱げない理由は「コの字型ストッパー」

ココピタ最大の特徴は、かかと部分につけられた「コの字型ストッパー」。

かかと内側にコの字型に滑り止めゴムが薄く塗られていて、これがあるおかげで、しゃがんだり走ったりしても脱げないようになりました。

ココピタを履いて、朝通勤前から帰宅までの1日を過ごしてもらう実験を行ったところ、96%の人が「1回も脱げなかった」と回答!

こりゃ脱げませんな。

>>脱げないココピタ 浅履きを楽天市場でチェック

 

脱げないココピタのサイズとカラーは?

色はブラックとベージュの2種類。

サイズは【21~23cm】【23~25cm】【24~26cm】の3サイズ。

ココピタは「コの字型ストッパー」がかかとをしっかり包みこむことがポイントなので、例えば24cmのように、該当サイズがどちらも選べちゃう場合は、小さい【23~25cm】ほうから試すほうがオススメ。

実際に試してみて、やっぱりちょっときついと感じたらサイズを上げましょう。

 

もしストッキングと重ね履きする場合は、ココピタをストッキングの中に履きます。
ストッキングの上からココピタを履いたら、せっかくの「コの字型ストッパー」効果が半減しちゃいます。

 

 

脱げないココピタシリーズ

今ご紹介したのが標準的なデザインのタイプなんですが、脱げないココピタには他にもいくつかシリーズが発売されていますので、見ておきましょう。

 

浅履き 底パイル


こちらはデザインは一緒で、足底が綿混パイル地になっているので、たくさん歩く方でも疲れ軽減。

 

浅履き Vカット


こちらは甲の部分が深くV字カットされていますので、パンプスから見えにくくなっています。

この浅履き Vカットだけはサイズ展開が、1サイズ(23~25cm)展開です。

 

深履き


しっかりホールドしてくれる深履きタイプもあります。

スニーカーにピッタリ。

 

 

 まとめ

もう脱げるフットカバーは履きたくない!

一日中履いても脱げにくいフットカバーなら、あの不快感なく快適に過ごせますね。

今年は「脱げないココピタ」で決まり!

 

コメントを残す