今年はワンタッチテントで快適な運動会!選び方やおすすめは?

 

あの直射日光の下で何時間も観戦する運動会。
子供も参っちゃいますが、我々家族も大変です。

実際に運動会に行くと、テント持参の家族が多いんですよね(入れてほし~い!)。

学校側のOKが出ていることを確認したら、ぜひ今年はワンタッチテントを持って行きましょう。

ワンタッチテントの種類ごとの特徴やおすすめテントを見ていきましょう。

 

運動会ではテント・タープが必須?

最近の小学校の運動会では、テント、タープを持参する型が増えていますよね。

木陰の少ない運動場で何時間も直射日光を浴びるのはシンドイですし、お弁当の食中毒も心配。

子供も暑いなか頑張っているのに、せめてお昼休憩の時くらい、涼しいところで休ませたいというのもありますよね。

もちろん、競技スペースの最前線で設置することはできませんが、奥のほうに張って、子供が出場する時間だけ見に行くというスタイルが多いようです。

 

 

ワンタッチテント 種類ごとのおすすめは?

ひと口にワンタッチテントと言っても、設置の仕方や形状によって何種類かあります。

観戦人数や、学校からの指定、周りのご家族がどんな形状を使っているかなどを考えながら、ピッタリのものを選んでください。

 

一番手軽でコンパクトなワンタッチテントタイプ


キャンパーズコレクション 【ワンタッチサンシェード3人用 (クッション2枚付き)】

ジッパーを開けて、ポンッと開けばハイ出来上がり!の、設営も収納も超簡単なワンタッチタイプ。
女性一人でも全く問題ありません。
収納時も軽く、肩掛けできる平べったさなので、キャリーカートを持ち出すまでもありません。

この商品のいいところは、床面積は200cm×150cmと標準的なサイズなんですが、フレームが外に向けて張りだすので、中で座ったときに頭の高さのところが広いんですね。
だから、床面積には現れない居住空間の広さが実はあるんです。

もちろん、遮熱性の高いシルバーコート生地で、UVカット率:97%、遮光率:95%。
強い日差しの下でも紫外線から保護してくれます。

室内が暑ければ背面のカーテンを開けちゃえばそこがメッシュ窓になるので、一気に風通しが良くなり、室内がクールダウン。

あと、こういうテントって、床はシート1枚ですので、直接座ると地面とお尻がほぼ直に当たるので、痛かったり暑かったり冷たかったりするんです。
だから、校庭なんかで使う時はクッション性のあるシートも持参するんですが、これは何と、収納袋が座布団になってしまうというスグレモノ!これは嬉しい!

使用時サイズ 幅200×奥行150×高さ130cm
収納時サイズ 直径60×高さ9cm
重量 2.5kg

大人2人+子供1人でピッタリ

↓実際に開いたときの使用感が分かる動画

 

コールマン スクリーンIGシェード


こちらは、フレームが普通のテントのポールのようになっていて、設営がワンタッチとはいきませんが、それでも大人2人いれば数分で設営完了する簡単さ。

ワンタッチテントとの最大の違いはポールの太さ。
太い分少し重くはなりますが、風に強い!

床面積も先ほどのものより少し大きい(幅200×奥行150cm → 幅210×奥行180cm)ので、ゆったり感もあります。

ポールが途中で少し曲がっていることで天井を高くしていますので、数字には現れない室内の快適性を作り出しています。

前後面にはメッシュパネルもついているので、後面をメッシュ状態にしておけば室内の風通しも確保できます。
さらに、前後左右の4面はフルオープン&フルクローズ可能なので、真夏のプールや海水浴など、もっと気温が高い時はフルオープンだし、フルクローズすれば、中で水着の着替えもできますね。

海水浴やプール、ピクニックなど、色々な用途でも使おうと考えているなら、これがオススメ!

我が家もこれを買いましたが、設営は素人夫婦2人でも簡単でしたよ!

使用時サイズ 幅210×奥行180×高さ120cm
収納時サイズ 直径16.5×58cm
重量 3.3kg

大人2人+子供1人or2人という感じで使用するなら広さは全く問題ありません。

>>コールマン スクリーンIGシェードをAMAZONでチェック

 


コールマンカラーもあります。

>>コールマンカラーのスクリーンIGシェードをAMAZONでチェック

 

 

ニューテック カンタンタープ240


この形をした商品は様々なメーカーから発売されていますが、本家本元が「ニューテック」。

安い類似品も見た目は似ていますが、耐久性や使いやすさなどが全く異なります。
長く使うものですから、選ぶなら安心の「ニューテック」のカンタンタープがおすすめ。

天幕の生地裏面に遮光率が高いシルバーコートを採用しているので、UVカットと遮熱効果があり、タープの下が涼しく快適。

こう見えても設営は慣れた人なら大人2人で1分。

床面積が2.4m×2.4mで大人4人が使用目安なので、じいじ・ばあばも観戦する時はこれくらいの大きさが必要ですね。

【使用上の注意】
こういったタープタイプは床面にシートがついていないので、最低でもレジャーシート、できればイスやテーブルを別途用意する必要があります。

また、風の影響を受けやすいので、強風の時は設置しないほうが無難。
また、ペグという付属の金属棒で地面と脚をしっかり固定して使わないと、ちょっとした風でもフワッと持ち上がって動いてしまいます。

組立時サイズ 幅240x奥行き240x高さ215/230cm(2段階)
収納時サイズ 幅17x奥行き23x高さ128cm
重量 約12.5kg
素材 フレーム:スチール、天幕:ポリエステル

>>カンタンタープ240の詳細を楽天市場でチェック

 

カンタンタープ300 3m四方もあります


1番人気は2.4m四方のタイプですが、テーブル、イス、さらに他の荷物を置くと結構目いっぱいになりますので、どうせ買うならこちらの3m四方の大きいタイプでもいいかもしれません。

こちらは大人6人の使用目安です。用途に合わせて選んでください。

組立時サイズ 幅300×奥行き300×高さ235/250cm(2段階)
収納時サイズ 幅19×奥行き19×高さ127.5cm
重量 約14.5kg
素材 フレーム:スチール、天幕:ポリエステル

 

 

ワンタッチテントのおすすめ まとめ

ワンタッチで開く簡易的なテントから、割と本格的な自立式のタープまで、お好みや用途、学校の設置できるスペースなどに合わせて選びましょう。

もし今回が初めての運動会ならば、先輩ママ友に「みんなどんなの使ってるの?」と聞いたほうがいいかもしれません。

学校によっては大きさを制限していたりすることもありますので。

 

楽天市場には、他にもたくさんワンタッチテントを取り扱っていますので、良かったら参考にしてください。

 

コメントを残す