小学校入学時の算数セットに名前を書くならお名前シールが便利!

 

小学校に入学すると必ず使う【算数セット】。
数字カードやおはじき、サイコロ、おもちゃのお金など、バラすと約600個くらいのパーツがセットになっています。

これ全部に名前を書くんです!

書くだけでも大変な数ですが、パーツが小さいから余計に大変。

そんなの無理!という方は、専用のお名前シールを活用して簡単キレイに仕上げましょう。

 

算数セットは名前書き必須


小学1年生がこういうものを扱いますので、落としてしまったり、お隣の友達のボックスに紛れ込んだりもします。

入学前の説明会でも「全ての持ち物に名前書いてくださいね!」と言われることでしょう。

数もかなり必要ですが、おはじきや数え棒は一つ一つがかなり小さいので、細字の油性マジックでも書くのが大変なんです。

他にもやることがたくさんある入学直前時期に、正直こんなことやってられませんわ。

算数セットの名前書きは算数セット専用の【お名前シール】で済ませちゃいましょう!

そこで、算数セットの教材の数や形状に合わせて作られたお名前シールセットの中でも、特によく考えられた、おすすめのものをご紹介します。

 

 

お名前王国の算数セット用お名前シール


こちらのお名前シールは、各サイズ合わせて766枚入って1,490円(税込、送料無料)です。

>>この【お名前シール】詳細を楽天市場で確認

地域によって、算数セットのメーカーやセット内容、形状が異なるのですが、それを踏まえてシールの形状や各サイズの枚数が決められていますので、足りない!合わない!ということはまずありません

もちろん、すべてカット済みですので、台紙から剥がしてすぐに使えますよ。

 

使用した方の口コミは・・・

  • うちの子の小学校で使用する算数セットは内容が約650個あり、それ以上の枚数で探していてこちらの商品に行き着きました。
    シールはツヤツヤで綺麗でしたし、薄型で計算カードに貼っても厚さは気になりませんでした。
    数え棒のサイズにもピッタリだった極小サイズがとても使い勝手が良く、もっと欲しいくらいでした。
    また、お金の側面に綺麗に貼れたのも感動しました!
    おはじきシールが余り、残ったシールをどうしようか考え中です。
    大容量で、ピンセットもついていて、シールにも満足しているので下の子のときも1番の購入候補です!
  •  

  • 不器用な私でも、ちゃんとキレイに貼れました。
    今のところ、剥げたものもないようです
    また次の子の入学時には、ここのにしようと思います。
  •  

  • 入学式前日に、慌てて注文。
    すぐに発送連絡が届き、配達状況検索も出来て、先程届きました。
    サイズの種類も枚数も豊富なので安心して貼ることが出来ます!
    作業用にピンセットと綿棒が入ってる心遣いも、とってもありがたいです!
  •  

    >>他の購入者レビューをもっと読む

 

こんな感じで貼ります


各サイズのシールはこのように使い分けて貼っていきます。

送られてきた商品に、どのシールはどのアイテムに貼るのかが分かる写真付き説明書がついているので、貼り付ける時の迷いや失敗も少なくなります。

おはじきに貼る【豆】やお金に貼る【極小よこ】は、指先で貼ると真っ直ぐ貼れないので、付属のピンセットを使うと上手に貼れますよ。

おはじきの貼る場所はくぼんでいるので、シールを置いた後にピンセットの先や綿棒でググっと押し付ければはがれる心配もなくなります。

 

曲面でも貼れる素材を使用

シールって、曲がっている場所に貼ると浮き上がってピタッと貼れないんですよね。

こちらのシールは、伸縮性のある素材を使っているので、曲面に貼ってもピタッと貼れて、しかも敢えて薄い素材を使っているので、爪でひっかけたりしてはがれ落ちる心配が少ないんですね。

 

デザインも豊富


学年が上がっても使えるシンプルなものから、車やお花などのかわいいイラストがついたものまで、お子さんの好みに合わせてデザインが選べるのも特徴。

入れる名前の種類も、ひらがなの「姓 名」に限らず、名前だけ、漢字、ローマ字なども対応可能。

幅広いニーズに対応できますね。

>>算数セット用【お名前シール】を楽天市場で確認

 

 

算数セットのお名前シール まとめ

算数セットの名前書きは本当に大変です!我が家も泣きながら書いた記憶があります。

だから、2人目の算数セットの時はこのお名前シールがあって本当に助かりました。

シール貼りだったら子供のほうから近寄ってきて手伝ってくれるので、親子で楽しく作業ができそうです。

何事も早めの準備を心掛けて、楽できるところは楽をしましょう。

 

 

コメントを残す