自分で取り付けできる感震ブレーカー簡易タイプの価格やおすすめは?

 

大震災で通電したままの電気器具が転倒したことによる火災を防止するためには「感震ブレーカー」が有効です。

設置工事が必要な後付けタイプもありますが高額です。

そこで注目されているのが、工事不要で3,000円ほどで自分でつけられる「簡易タイプ」の感震ブレーカーです。

 

感震ブレーカーの種類

過去の大震災の時に、通電したままの電気器具の転倒による火災や、停電後の電気復旧時に転倒したままの電気器具による「通電火災」が多く発生しました。

震災時に電気が原因となる火災対策に有効とされるのが「感震ブレーカー」です。

感震ブレーカーには大きく分けて3種類あります。

 

  • 1.分電盤タイプ

  • 分電盤の中に、揺れを感知して数分後に電気を切る機能が入っています。

    揺れてすぐに電気が消えるわけではないので、避難する時間もあって便利ですが、設置工事が必要で、費用も5万円~8万円ほどかかります。

 

  • 2.コンセントタイプ

  • コンセントタップに内蔵されたセンサーが揺れを感知して通電しないようにするタイプ。

    これを壁のコンセントに差し込んで使用しますので、工事は不要ですが、そのコンセントだけ有効ですので、遮断が必要な場所が多い時はいくつも買わないといけません。

 

  • 3.簡易タイプ

  • 揺れによりオモリが落下してブレーカースイッチを切るものや、揺れを内部センサーが感知してバンドが下がってブレーカースイッチを切るバンド式などがあります。

    今あるブレーカーに直接とりつけるもので工事の必要はありません。

    安価で工事も不要なので、すぐに始められて人気があります。

 

 

簡易タイプの感震ブレーカー おすすめは?

一番お手軽な簡易タイプの感震ブレーカー。
人気のあるおすすめ機種をご紹介します。

 

感震ブレーカーアダプター YAMORI(ヤモリ) GV-SB1

引用:リンテック21
全方位感震センサーにより、どんな揺れにも確実に反応し、バネの力でブレーカーをOFFにします。

様々なタイプのブレーカーに取り付け可能(レバー埋込型にも対応)。
ただし、ブレーカーの向きが横だったり、逆さまの場合は取り付け不可です。

震度5強と6弱の2種類で作動を設定できます。

詳しい説明書やyoutubeがあるので、取り付けで迷う心配も少ないですね。

※取り付け説明書を見てみる
>>YAMORI(ヤモリ) GV-SB1 取扱い説明書

 

購入した方の口コミは・・・

  • 実際、使わずにすめばその方が良いという商品なので、わかりませんが、取り付け方法は簡単でした。
  •  

  • 地震で停電になって、もし避難などしていて、自宅にいなかった時、通電した時、発熱する器具などから火災を起こさないようにする為です。
    とりつけはとても簡単で、うちのマンションではないですが、全戸に取り付けをしたというところが有りました。今朝テレビでこれを紹介していたので、買っておかなくっちゃと急いで買いました。
  •  

  • ごちゃごちゃした見た目なのですが、やることは3つだけ。
    1:本体を壁に貼る
    2:作動時にブレーカーが切れる様にバンドの長さを調整する
    3:テストでブレーカーを落としてみる。
    作動時は栓抜きみたいな部分が結構な力でブレーカーを下に押し出す感じです。
    復旧する時の方法をどこかに記載しておかないと、自分以外の人がやりかた分からなくて困ると思います。
    先に感震ブレーカーのレバーを上げてから、普通にブレーカーを戻すだけなので、たいして難しくないですが、説明書きを近くに記載しておくと戸惑わなくてよいと思います。

 

このヤモリを取り付けるとブレーカーのカバーが閉まらなくなって困る場合は、このオプションパーツ(ヤモリ・デ・リモート)を追加購入すればOKです。

こちらにはヤモリ本体は付属していませんので注意してください。

 

エヌ・アイ・ピー スイッチ断ボールⅢ


こちらは、揺れでオモリ玉が落下し、その重みでブレーカースイッチを切る仕組み。

ブレーカーのスイッチに合わせて4種類のキャップが付属しているので、ほとんどのブレーカーに設置可能。

オモリを置く台の大きさによって、震度5・6・7以上の3段階に調整できます。

※取り付け説明書を見てみる
>>スイッチ断ボールⅢ 取扱い説明書

 

購入した方の口コミは・・・

  • 何回かテストしたけどちゃんとブレーカーは落ちました!
    家のブレーカーはスリムで薄く、ボール台をつける場所に困りましたが横につけてもちゃんと機能しました!
    これで安心かな! カバーは閉めきらなかったけど見た目てきにはオッケーです。
  •  

  • 取り付け方はブレーカー板がシンプルだったからなのか、簡単にできました。
    説明書にはいろいろなパターンの説明もあったので、わかりやすいかと思います。
    ただブレーカーが高いところにあるため、取り付ける時に水平板を上から見れないので、鏡に映して見ながら確認というように苦労しましたが(笑)
  •  

  • 簡単に取り付けられました。
    一度試しに落としてみましたら、バチンとブレーカーが落ちました。
    これで安心ですが、夜中に地震がきた時のために、懐中電灯を枕元に用意しなくちゃいけませんね。

 

 

感震ブレーカー まとめ

地震対策の一つとして手軽にできるものですので、ぜひとりいれておきたいですね。

作動するとすぐに全ての電気が切れるので、夜間の地震に備えて、懐中電灯などの非常灯もいくつか用意しておくと便利ですよ。

 

コメントを残す